リハビリテーション病棟のご案内

リハビリテーション病棟とは

回復期リハビリテーション病棟とは、脳血管疾患を発症した方や大腿骨を骨折した方などに対して、日常の生活動作を向上させるためのリハビリテーションを行う病棟のことです。病気や怪我などによるダメージがまだ大きく残っている時期に、集中的なリハビリテーションを実施することにより、心身の回復した状態となることを目的としています。

新八千代病院では、「こんなことをしてみたい!」というご要望を専門スタッフがしっかりとお聞きし、備わっている能力が引き出されるために最も適したリハビリテーションを行っていきます。わたしたちスタッフ一同、一人ひとりに合った生活環境を手に入れ退院後も豊かな人生を送っていただけるよう、真心を込めてサポートをいたします。

入院の対象となる方

  • 脳血管疾患、脊髄損傷等の発症または手術後2ヶ月以内の方
  • 大腿骨、骨盤等の骨折の発症または手術後2ヶ月以内の方
  • 外科手術または肺炎等の治療時の安静により生じた廃用症候群を有しており、手術または発症後2ヶ月以内の方
  • 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節、膝関節等の神経、筋、靭帯損傷後1ヶ月以内の方
  • 股関節又は膝関節の置換手術後1ヶ月以内の方